朝日新聞DIGITALより、西荻窪北銀座商友会について

朝日DIGITALで、「コロナ禍の首都を歩く@西荻窪」という記事で、西荻窪北銀座商友会が紹介されていました。

Pocket

朝日新聞のサイト、朝日新聞DIGITALで、「コロナ禍の首都を歩く@西荻窪」という記事が公開されました。

新聞

JR西荻窪駅北口の「西荻窪北銀座商友会」が、コロナの影響でどの様になっているのかを取材した記事です。

コロナ下の商店街については、昨年のゴールデンウィーク以降、外出の自粛や緊急事態宣言の発出下においても、人出が変わらなかったり、むしろ増えていたりという記事が、写真とともに報道されました。

2020東京オリンピックパラリンピックのフラッグがつけられたアーケードの商店街に、人がぶつかりそうなくらい歩いていると「見える」写真が新聞や新聞社のホームページなどで掲載されたと記憶しています。

一方、「コロナ禍の首都を歩く@西荻窪」では、現在の商店街と、ある業種でのお客さまの減少、そしてテイクアウトや情報発信などの取り組みなどが記事になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です